ヨッシーGarden

はじめまして 洋ラン(リカステ、ワルケリアナ)・クリスマスローズ・クレマチス・ホスタを中心に育てています。お気軽にコメントを残していただけると幸いです。

セントスイシン

久々にパフィオが咲きました。
大型の交配種で、ロスチャイルディアナムとフィリピネンセの交配です。

セントスイシン

ドーサルは黄緑色の地に褐色の筋が入り、ペタルは長く垂れ下がります。
大輪多花性でとても雄大です。

セントスイシン(横顔)

なかなか風格があると思いませんか。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/31(金) 21:52:36|
  2. 洋ラン(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポーチュラカ

オレンジ色がまぶしいポーチュラカです。

ポーチュラカ

この花はスベリヒユ科の1年草で、真夏の太陽の下で色とりどりの鮮やかな花を
咲かせます。とても生育旺盛な多肉植物で高温と乾燥に強く、夏の花壇にピッタリです。

ポーチュラカ(オレンジ)
  1. 2009/07/30(木) 21:10:01|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンナ・ハーマン

アンナ・ハーマン
アンナ・ハーマン

アンナ・ハーマンの2番花です。1番花と比べると花が少し小さくなりましたが、
きれいな色で咲いています。現在、つぼみがたくさん上がっているので、
これからがとても楽しみです。

カマキリ
カマキリ

庭の姫シャラの木にカマキリがいました。今年は1匹しか見かけませんが、
毎年どこかで孵っているようです。大きくなると凶暴になり触ることができませんが、
孵りたてはとてもかわいいです。小さくても、一人前の格好をしていますね。



  1. 2009/07/29(水) 22:19:35|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オンシジューム

爽やかな黄色をしたオンシジュームです。

オンシジューム

中南米が原産のランで、鮮黄色のリップがとてもきれいです。

オンシジューム(アップ)

長い花茎が分岐し、小さな花を多数つけます。

オンシジューム(顔)

とても丈夫なランなので、ぜひ皆さんも育ててくださいね。
  1. 2009/07/28(火) 21:19:38|
  2. 洋ラン(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿根ロベリア

午前中は何とか晴れていましたが、午後からゲリラ豪雨となりました
皆さんの地方はいかがでしたか

宿根ロベリア
庭の花

手前の紫色に写っているのが宿根ロベリアです。
北アメリカ原産のキキョウ科の宿根草で、サワギキョウという別名があります。
1年草のロベリアと違って花茎が長く伸び、小さな花が穂状に咲きます。

宿根ロベリア

日当たりとやや湿ったところを好みますが、夏の暑さに弱いので、夏場は半日陰に
なるところが適しています。繁殖はもっぱら秋に株分けするか、春に新芽を挿し芽
することで増やすことができます。
  1. 2009/07/27(月) 22:40:14|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

カクトラノオ

今日は朝から快晴となり、暑い一日となりました

庭の花

玄関先の草花達です。夏の日差しを一杯受けています。

フィソステギア(カクトラノオ)
カクトラノオ

もともとは北アメリカ原産のシソ科の宿根草で、茎の断面が四角い形をしていることから、
別名をカクトラノオと言います。花穂が長く、夏の終わりから秋にかけて花壇を彩ってくれます。
暑さ寒さに強く、病虫害の心配もほとんどない丈夫な植物で、地下茎で増えていきます。
やせ地や日当たりが少々悪い場所でもよく育ちます。
蕾が一杯あがっているので、花が咲いたらアップしますね。


  1. 2009/07/26(日) 13:41:52|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オオムラサキツユクサ

毎日、よく雨が降りますねぇ~。
戻り梅雨のようでなかなか晴れてくれません。
今日も日が出てでていたと思ったら急に雨が降り出し、濡れてしまいました。
庭は草が生い茂って草ひきをしないといけないのですが、皆さんはどうされていますか?

オオムラサキツユクサ

最近、ちょっとした空き地や道端でよく見かけるオオムラサキツユクサです。
もともとは北米原産ですが、帰化し日本各地で野生化しています。

オオムラサキツユクサ(アップ)

きれいな色ですが、一日花で朝咲いた花は昼過ぎにはしぼんでいます。

ツユクサ

昔はどこにでよくあった青味の強いつゆ草です。タイプが全然違いますね。
花は2弁花でまるでうさぎの耳の形をしています。
  1. 2009/07/25(土) 21:01:29|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の花ルドベキアとひまわり

ちょっと見た目は暑苦しいですが、この花が咲きだすといかにも夏~という感じがします。

ルドベキア
ルドベキア

北アメリカ原産のキク科の草花で、真夏の炎天下で花を咲かせます。
一年草タイプと宿根草タイプがあり、鉢花だけでなく切り花としても利用されています。
宿根草タイプは花後に地上部が枯れ、根の状態で越冬し、再び春に芽を吹いて花を
咲かせてくれる丈夫な植物です。

ルドベキア(太陽)

咲き始めの様子です。上から見るときれいな輪になって見えるので、勝手に
”太陽”と名付けました。

ひまわり
ひまわり

やっぱりひまわりはいいですね~
形がまるく、色彩が鮮やかで誰でも簡単に描けるところが大好きです。
皆さんはいかがですか。

  1. 2009/07/24(金) 23:13:12|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

木立性ベゴニア

今日は四季咲きで人気の木立性ベゴニアを紹介します。
この種類は直立性の茎に房状の豪華な花をつけるのが特徴で、ファンの方が
大勢いらっしゃいます。

プリンセスマサコ(矢竹型)
プリンセスマサコ

ブラックジャック
ブラックジャック

プリンセスダイアナ
プリンセスダイアナ

アオズル
アオズル

モナリザ(地植え)
モナリザ

どれも似ていますが、葉や花の色が微妙に異なります。季節がよければ、天挿しでも管挿しでも、
簡単に挿し芽で増やすことができるので、ぜひ試してみて下さいね。
  1. 2009/07/23(木) 22:00:21|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレマチスの2番花

2番花が咲き始めました。

藤娘2

写真では紫色に写っていますが、空色に近い淡青紫色がきれいな藤娘です。
なんとも言えない色合いで、真ん中のしべの黄色とのコントラストがとてもきれいです。
株は全体的にコンパクトに纏まる多花性の品種です。

霧ヶ峰

他にも霧ヶ峰が咲き始めました。こちらはコバルトブルーで、サカタのタネが作出した
アルプスシリーズの一つです。
  1. 2009/07/22(水) 21:52:12|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルーサルビア

最近ホームセンターでよく見かけるブルーサルビアです。
淡い藤色がとても涼しげです。

ブルーサルビア

アップするとセージの仲間であることが良く分かります。

ブルーサルビア

サルビアにはアブラナ科に付きやすいモンシロチョウやコナガを忌避する効果があるそうで、
一緒に植えると害虫の被害が防げるそうです。

ブルーサルビア(アップ)

  1. 2009/07/21(火) 21:51:17|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカボシゴマダラ

今日は水やりをしていると、素敵な蝶がきてくれました。

アカボシゴマダラ

タテハチョウ科のアカボシゴマダラです。
もともと日本では奄美大島で生息していたそうですが、最近放蝶により、
神奈川県内でも発生しているそうです。

アカボシゴマダラ2

網目がとてもきれいで、後ろの翅に赤い紋が入っています。写真は夏型ですが、
春型は全体に白っぽく赤い斑紋も薄くなります。

アカボシゴマダラ(アップ)

翅を広げたところです。黄色い吸収管(口)が見えるでしょうか。
きっと暑さでのどが渇いていたのでしょう。一生懸命水を吸っていました。

  1. 2009/07/20(月) 14:25:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鬼ユリと鹿野子ユリ

わが家でもユリが咲きだしました。
鬼ユリはオレンジ色に褐色の斑点が入り、遠くからでもよく目立ちます。

オニユリ

特に植えた覚えはないのですが、自然に生えてきました。
ひょっとすると、鳥が種を運んできてくれたのでしょうか。

オニユリ2

カラスアゲハも蜜を吸いに来ました。

カラスアゲハ

とっても丈夫で、普通のゆりは何年かすると消えてなくなってしまいますが、
これは丈夫で何時までも咲いてくれます。

鹿野子ゆり

こちらは鹿野子ユリです。ピンク色に赤い斑点が入ります。

鹿野子ユリ(縦)

色合いが違うだけで、とてもやさしい感じがします。
なぜだか知りませんが、鹿野子ユリは森の木陰でひっそりと咲く印象を持っています。
  1. 2009/07/19(日) 22:53:35|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金魚草

ちょっと季節外れの金魚草
金魚草(三番花)

新春に買った金魚草ですが、切り戻しを繰り返し、現在3番花を楽しんでいます。

金魚草(群遊)

色はとても優しいピンク色です。そう、何かの後ろ姿に見えませんか。

金魚草(流金)

金魚? ピンポン☆!! 正解です。 
流金が尾びれを広げて泳いでいる姿に見えます。




  1. 2009/07/18(土) 15:55:04|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナズルソウ

ずっとこの花の名前が分からなかったのですが、やっと判明しました。
ハナズルソウです。 これで、すっきり!!

ハナズルソウ

南アフリカ原産の常緑多年草です。
花はマツバギクに似ていますが、大きさは半分もありません。
肉厚の黄緑色の葉の上に真っ赤な深紅の花を咲かせます。

ハナズルソウ(アップ)

漢字で書くと花蔓草(そのままか…)、別名をアプテニアといいます。
今まで聞いたこともない、ツルナ科の植物ですが、マツバギクやコノフィツム、
リビングストン・デージーの仲間だといわれると納得です。

花手毬とハナズルソウ

花期は花手毬と同じ初夏に咲きます。

ハナズルソウ(縦)

はっとする、目の覚める赤色です。実物はとってもかわいくよく増えるので、
小さなポット苗を1株植えれば十分です。
でも、なかなか売ってないんですよね~、残念<(_ _)>。

 
  1. 2009/07/17(金) 23:06:20|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランタナとクロアゲハ

花はだいぶ盛りが過ぎましたが、最近になってクロアゲハがよく来るようになりました。

クロアゲハ3

お気に入りだったようで、蜜を求めてふわふわ飛んでいます。

クロアゲハ

すでに最初に咲いた花は緑色の種をつけていますが、アゲハはこの花がとても好きな
ようです。

クロアゲハ2

明日もまた、来てくれるかな?   いいとも~! (^^;

  1. 2009/07/16(木) 21:08:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

千日紅

いちごの様なかわいらしい花をつけるヒユ科の千日紅です。

千日紅

花壇向きの矮性種のほか、切り花用の高性種もあります。
また、真っ赤な花はドライフラワーにして、長く楽しむことができます。

ストロベリーフィールズ

花のアップの様子です。1枚1枚の花弁は少しカサカサしています。
  1. 2009/07/15(水) 21:30:54|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルーファンフラワー

花の形が面白いブルーファンフラワーです。
この花はオーストラリア原産の多年草で、夏の暑さや乾燥にも強く生育がとても旺盛です。
耐寒温度は2度から3度程度あるので、温かい地方では軒下でも越冬可能です。

ブルーファンフラワー
クサトベラ

摘芯すると分岐し、横に広がるように枝が伸びます。

ブルーファンフラワー

アップするとこんな感じです。まるで扇を広げたような姿をしているところから、
この仲間はファン・フラワーと呼ばれています。

ブルーファンフラワー寄せ植え

ブルーベリーと寄せ植えしてみました。如何でしょうか。
気に入ったら、種のほかにも挿し木で増やすことも可能です。
  1. 2009/07/14(火) 21:24:18|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丁字咲姫ひまわり

丁字咲姫ひまわり
丁字咲姫ひまわり

これは花の中心部が盛り上がる丁字咲きの宿根姫ひまわりです。
ゴッホの絵にある様なヒマワリではありませんが、黄色が鮮やかなかわいい花です。
うまく切り戻しをすると、初夏から秋にかけて、長期間花を楽しむことができます。

姫ひまわり(アップ)

アップするとこんな感じです。ひまわりと言われないと分からないかもしれません。

姫ひまわり

最後は本物のひまわり。大型ではありませんが、これぞ絵にかいたようなひまわりです。
夏はやっぱり、これですね...
  1. 2009/07/13(月) 20:44:20|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エキナセア

エキナセア
エキナセア

エキナセアはバレンギクの和名をもつキク科の耐寒性多年草で、
直立した茎の先にピンク色の一重の花をつけます。
丈夫で育てやすく、庭植えにして群植した風景はとても素敵です。

内弁のアップです。

エキナセア(アップ)

咲き進むにつれ、内弁が盛り上がってルリタマアザミのようです。

エキナセア

最近では八重咲きや弁の反らない平開咲きの種類もでているようです。
白花がありますがまだ蕾なので、咲いたらまた紹介します。

エキナセア(白)

エキナセアの白花です。白はとっても清楚な感じがします。

エキナセア(白)
  1. 2009/07/12(日) 16:21:37|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ネペンテス

ネペンテス アラタ(普通種)
ネペンテス(アラタ)

この季節になると、園芸店でよく見かけるようになるひょうたんうつぼかずらです。
3年ほど前に購入したものですが、1年中温室の中に入れ吊り下げて育てています。
冬の間も袋はできますが、やはり暑くなるこの時期の成長が早く、袋がたくさんつきます。

アラタ(小袋)

右側の袋ができ初めでふたが閉まっています。

ネペンテス

茎が伸び葉っぱの先端から新しい袋が展開しますが、ちっちゃい袋が成長する姿は
とても可愛いいですよ。機会があったら是非育てて見て下さい。
  1. 2009/07/11(土) 21:00:35|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リーミアナム

今日はちょっと変わった花を紹介します。
洋ランを育てている方ならよくご存知だと思いますが、パフィオペディラムという
種類の花です。この花は袋のようなリップ(唇弁)を持っていることから、
スリッパオーキッドという別名があります。

リーミアナム
リーミアナム

これはスマトラ原産の植物で、とてもきれいな花を咲かせ、最初の花が咲き終わる頃に
次の花を咲かせる習性があります。ドーサルと呼ばれる上がく片は黄緑色をし、
リップと呼ばれる唇弁はきれいなピンクをしています。
一度咲きだすと、1ヶ月以上も咲いています。

リーミアナム2

これは別の花で、左右のペタルの長さが短いですが、横にピント張っています。

リーミアナム3

二輪開花するだけでとても豪華です。
  1. 2009/07/10(金) 22:22:00|
  2. 洋ラン(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

サザンクロスとオリズルラン

今日は細長い茎に星型のピンク色の花をたくさん咲かせるサザンクロスを紹介します。

サザンクロス
サザンクロス

ちょっと見た目では分かりませんが、サザンクロスはオーストラリア原産の植物で、
ミカン科クロウェア属の非耐寒性常緑低木です。3度以上あれば越冬するそうで、
写真の株も去年買った株です。普通はポット苗や鉢植えで売られていますが、
ネットで調べてみると大きいものでは3メートルにも成長するそうです。
大きな木になった姿は見たことがありませんが、涼しげなかわいい花が鈴なりに
なった姿はきっと素晴らしい光景だと思います。

サザンクロス(白)

白花も少しですが咲いています。

オリズルラン
オリズルラン

定番の観葉植物のオリズルランです。南アフリカ原産のユリ科の植物で、見かけに
よらずとても丈夫な植物です。次々とランナーが伸び、その先に子株がつく姿は
とてもかわいく何ともいえません。一方、根は太く発達して、水をたくさん貯蔵できる
ようになっており、以外に乾燥にも耐えます。細長い葉に斑が入った姿はこの季節
とても涼しげです。

  1. 2009/07/09(木) 21:05:57|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コリウス

今日は豊富な色合いと独特の模様でお馴染みのコリウスを紹介します。

コリウス1

コリウスはシソ科の1年草で、別名をキンランジソと言います。夏の暑さに強く、
放っておくととても大きくなりますが、切り戻すとすぐに芽を吹き、長期間色鮮やかな
葉を楽しむことができます。

コリウス2

単色だけでなく、紅色の葉に緑色の覆輪が入った種類もあり色鮮やかです。

コリウス3

逆に、ちょっとくすんだ茶色をした葉もあります。

コリウス4

これは葉一面にとってもサイケデリックな模様が入っています。同じ種類なのに、
模様や色が全く違っており、染色体はどの様になっているのでしょうか。

コリウス5

ハンキングバスケットに寄せ植えをしました。まだ、植えたばかりなので、とっても
行儀よく納まっていますが、大きくなるので、ときどき成長記録を報告したいと思います。
  1. 2009/07/08(水) 22:17:58|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭の花2

今日は見た目も清々しい青色の花を紹介します。

ヤブラン
ヤブラン

細く斑の入った直線的な葉と淡紫色で可憐な花を咲かせるヤブランです。
日陰でもよく育ち、植え替えや株の更新もほとんど必要がない宿根草で、
放任状態でもよく育ちます。名前にランとついていますが、ユリ科の宿根草で、
目立ちすぎず、和風・洋風どちらの庭にもよく似合う優れものです。

リュウノヒゲ
リュウノヒゲ

グランドカバーとして、よく和風の庭に植えられています。ちょうどこの季節に藤色の
小さな花を咲かせます。虫めがねが必要な位の小さな花ですが、何故か花を見ると
ほっとします。この植物は特に、石組みの間や飛び石の縁などに植え込むと、びっくり
するくらい景観を引き締めてくれます。

最後は雨がよく似合うアジサイです。

あじさい(テマリ咲き)

テマリ咲きの青のアジサイです。ごくごく普通の種類ですが、咲き始めのクリーム色から
徐々に色が濃くなりきれいな青色になっていきます。
  1. 2009/07/07(火) 21:10:03|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭の花

今日は先日撮った庭の花を紹介します。
まず最初はピンクの花手毬です。

花手毬(ピンク)

この花は春先になると、花やさんやホームセンターでよく見かけます。クマツヅラ科と
言われてもよくわかりませんが、バーベナと言われるとピントくる方も多いと思います。
一度、庭に植えると地面を這うようにランナーを伸ばし、花を咲かせてくれるかわいい花です。

ミリオンベル
ミリオンベル(ピンク)

こんもりと小さな花を次々と咲かせてくれます。分岐性抜群で花数もいっぱい咲きますが、
枝先に咲きあがっていくため、時々切り戻しが必要です。この花は種ができにくく、花がら
摘みがとても楽なので助かります。

松葉ぼたん
松葉ぼたん(ピンク)

ピンク続きで松葉ぼたんを紹介します。普通、松葉ぼたんというと太陽に向かって一斉に
咲く姿を思い浮かべますが、なぜかこの花はぽつりぽつりとしか咲きません。もう何年も
育てていますが、花つきが悪いのでしょうか…。誰か教えて下さい。
  1. 2009/07/06(月) 21:53:26|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレマチスのさし木

これは先日まできれいに咲いていたテキセンシス系のプリンセス・ダイアナです。
花は4弁のチューリップ咲きでとてもかわいい花です。

一番花

今日は二番花を楽しむため、バッサリと剪定を行いました。
切った後はこんなにさっぱりとなりましたが、新芽が動き出すまでドキドキです。

剪定後

1株分の切りくずですが、そのまま捨てるのはもったいないので、さし木にチャレンジ
することにしました。

剪定くず

まずは水あげです。コップに入れて2時間ほど待ちます。

水あげ

さし穂は2節毎に切り分け、下の節の葉っぱを取り除きます。

さし穂

これをパーライトを入れたポットに挿して腰水をし、半日陰の風の当たらないところに置きます。

発根まち

このままうまくいけば、1~2ヶ月後には根が出るはずですが、うまくいくでしょうか。
また、途中経過をときどき報告しますね。
  1. 2009/07/05(日) 11:10:39|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夏の花 マリーゴールド

夏の代表花 マリーゴールドを紹介します。

マリーゴールド(オレンジ)

とても丈夫で、暑さに強い植物です。オレンジ色が鮮やかで、次から次へと咲き続けてくれます。

マリーゴールド(覆輪)

よく公園の花壇に群植してあるのを見かけますが、とても見事です。

マリーゴールド

なぜか、家のマリーゴールドはパンジーとともに、ナメクジの大好物になっているようで、
夜の見回りは日課になっています。
  1. 2009/07/04(土) 15:37:07|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リカステ サンスポッツ

昨日に続いてリカステを紹介します。

リカステ サンスポッツ
サンスポッツ

この花は京都の有名な蘭屋さんの交配で、同じ交配から数多くの優秀花が咲いています。
残念ながらペタルの一部にカラーブレイクがありますが、花全体に細かいスポットが入り、
きれいに正面を向いて咲いています。4倍体のため、成長がとてもゆっくりですが、その分
花弁は厚く、花持ちはとてもいいです。
  1. 2009/07/03(金) 21:28:42|
  2. 洋ラン(リカステ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ショールヘブン

以前咲いた花の中から、素敵な花を紹介します。

リカステ ショールヘブン ミスショーナン
ショールヘブン

この花はリップのピンクがきれいなセミアルバです。メリクロンですが、非常に花付きがよく
たくさんの花を咲かせてくれます。

ミスショーナン

全体はこんな感じです。
  1. 2009/07/02(木) 21:05:30|
  2. 洋ラン(リカステ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
洋ランを始めて早くも33年目に突入。最近はクリスマスローズやクレマチス、ホスタにはまっています。素敵なEnglish Gardenに憧れています。気軽にコメントを残してもらえたら嬉しいです♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (71)
草花 (633)
クリスマスローズ (249)
クレマチス (216)
ホスタ (11)
洋ラン(リカステ) (9)
洋ラン(その他) (350)
樹木 (238)
マロン (2)
蝶 (44)
風景 (961)
野鳥 (90)
バラ (62)
昆虫 (39)
船 (32)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンクリスト

時計

出会い出会い出会い出会い系サイトホームページ制作 千葉浮気調査キャッシングカードローン消費者金融事故車 査定ブログパーツ

エコな木

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター