ヨッシーGarden

はじめまして 洋ラン(リカステ、ワルケリアナ)・クリスマスローズ・クレマチス・ホスタを中心に育てています。お気軽にコメントを残していただけると幸いです。

紫式部

あんなに暑かった夏ですが、もうすっかり秋ですね。
この間まで白かった紫式部の実も、いつの間にか紫色に変わりお菓子の様にかわいくなりました。
紫式部
身近に季節の移ろいを感じる瞬間です。

雨の日の紫式部です。
紫式部
ご近所の紫式部ですが、随分大株に育ちたくさんの実をつけています。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/30(木) 21:17:22|
  2. 樹木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カトレア ボーリンギアナ(2010)

秋咲きの代表花、ボーリンギアナが満開になりました。
中南米のグアテマラ原産の双葉系のカトレアで、房状に咲いた姿は大変豪華です。

ボーリンギアナ
この子は昨年、大株から分けた株ですが、小さいながら花を咲かせてくれました。(感謝)

ボーリンギアナ

作り込むとそれは立派な株に成長し、20輪近くのかわいい花を咲かせてくれます。

ボーリンギアナ

きれいなので切花にして楽しんでいます。
  1. 2010/09/29(水) 21:03:18|
  2. 洋ラン(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山黒部アルペンルート9(番外編)

今日は旅の途中で出会った素敵なご当地ものを紹介します。

最初はまるごとリンゴパイとりんごのダックワーズです。
う~ん、美味しそう。
まるごとリンゴパイリンゴダックワーズ

日本酒に信濃ワイン
どれが美味しいかな?
雲山    信濃ワイン

最後は宇奈月ビール
やはり水の美味しいところにはおいしいお酒がありますね。
宇奈月ビール    黒部氷筍ビール


ワレモコウと秋の花
ワレモコウ    秋の花

どうも最後までお付き合い下さりありがとうございました。
立山黒部アルペンルートに黒部渓谷鉄道は見どころ満載です。
ぜひ機会があったら、皆さん行ってみて下さい。
とても素敵なところで、感激すること請け合いです。
  1. 2010/09/28(火) 22:58:55|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山黒部アルペンルート8(黒部渓谷トロッコ電車 黒薙~鐘釣)

今日は一転朝から冷たい雨が降っています。
気温の変化が激しいので、皆さん風邪をひかないよう気をつけてくださいね。

出し平ダムです。
こちらも排砂ゲートを装備している重力式コンクリートダムで、ダム湖はきれいなエメラルドグリーンをしていました。
出し平ダム  出し平ダム

昭和11年10月に完成した関西電力の黒部川第二発電所です。
発電出力72,000kwです。
黒部川第二発電所  黒部川第二発電所 

エメラルドグリーン色をしたダム湖に垂直に落ち込んでいる出六峰です。
静かな湖面とダイナミックな尾根の対比が見事です。
ダム湖(出六峰)  出六峰

猫又駅、とても変わった名前ですね。
ねずみ返しの岩壁は猫又駅から少し下流の対岸にそそり立つ花崗岩の岩壁で高さが200mもあります。
いわれはネコに追われてきたネズミも登れずに引き返したことから、こう呼ばれるようになったそうで、そのネズミを追ってきたネコも、岩壁を登れず引き返したことから、この辺りを猫又というようになったそうです。
とてもおもしろい話ですね♪
猫又  ねずみ返しの岸壁

トロッコ電車はどんどん黒部渓谷を遡っていきます。
猫又駅を過ぎてすぐのところに、お寺の釣鐘の形をした標高759mの東鐘釣山があります。
猫又駅トロッコ電車  東鐘釣山

鐘釣駅前の黒部川です。
ほんとうにきれいなエネラルドグリーンをしていました。
ここではトロッコ電車が空の貨車を引いていました。
観光用だけでなく、頑張って仕事をしているんですね♪
黒部川(鐘釣駅前)  鐘釣駅

それにしても黒部渓谷鉄道はトンネルが多いですね。
また、周辺にはほんとうに手付かずの自然が残っています。
この森もまさに原生林といった感じでした。
トンネル  原生林

すれ違ったトロッコ電車の車掌さんです。
皆さん、愛想がよく観光客に手を振って挨拶してくれます。
車掌  トロッコ電車
すてきな笑顔でした。


【gremz】-カーボンオフセット-
  1. 2010/09/27(月) 22:06:24|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

立山黒部アルペンルート7(黒部渓谷トロッコ電車 宇奈月~黒薙)

トロッコ電車の出発点、黒部渓谷鉄道の宇奈月駅です。
皆さん電車に乗り込んで、いよいよ出発です。
宇奈月駅  宇奈月駅出発

富山県出身の女優室井滋さんが車内放送で沿線の見所を紹介してくれます。
とても親しみのある声で、景観とよくマッチしていました。

2001年に完成した宇奈月ダムです。
暴れ川の異名を持つ黒部川の洪水調整と発電などを目的とした多目的ダムとして造られました。
排砂ゲートが特徴的なダムです。
その少し上流に新柳河原発電所があります。
何でも中世ヨーロッパの古城をイメージして造られた発電所だそうで、1993年に完成しました。
宇奈月ダム  新柳河原発電所
確かに外観はダムとは思えない形をしています。

おっと手すりのないつり橋が見えてきました。うなづき湖上15mの高さにある野生の猿のための橋だそうです。
トロッコ電車は黒部渓谷沿いをどんどん遡っていきます。
猿専用吊り橋  トロッコ電車

仏石谷と黒部川の出会付近の岩場に立つ仏石です。
石仏に似た天然の岩で赤いちゃんちゃんこを着ています。
天然仏石  黒部川

黒薙駅に到着です。
駅のすぐ先には青いペンキが塗られた後曳橋があります。
この橋は沿線で最も峻険な谷に架かる高さ60m、長さ64mの橋で、かつて入山者があまりの谷の深さに後ろへ引き下がったことから、後曳と呼ばれるそうになったそうです。
後曳橋  後曳橋

また、後曳橋の上手にはクラシカルな雰囲気の水路橋が架かっていました。
トロッコ電車はまだまだ上流を目指して走っていきます。
水路橋  トロッコ電車

つづきはまた、明日...
  1. 2010/09/26(日) 15:53:43|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山黒部アルペンルート6(宇奈月温泉郷周辺)

今日は宇奈月温泉郷周辺を紹介します。
ところで皆さん、宇奈月温泉のいわれをご存知ですか?
宇奈月温泉郷   旧山彦橋
現在の宇奈月温泉は大正時代、黒部川の電源開発とともにこの地に一大温泉地を開こうと、黒部川の上流7㎞にある黒薙から温泉を引き開かれました。ある夜、電源開発の功労者である山岡順太郎と山田胖の二人はお湯につかりながら、生まれたばかりのこの温泉にどんな名前をつけようかと相談していたところ、ちょうどその夜は月が美しく、宇治や奈良とならぶ名月の地にしようとの思いを込めて、「宇奈月温泉」としたそうです。(素晴らしい話ですね...)
宿泊したホテル主催の「朝の爽やか散歩」で、オーナーが紹介してくれました。

これが黒薙から温泉街へお湯を引いている宇奈月ダム湖畔の引湯管です。
無色透明のアルカリ性単純泉で源泉の温度は87.8度あり、1日に3000tの豊富な湧出量を誇っているそうです。
右側の芯をくりぬいた赤松材の引湯木管は昭和30年頃まで実際に使われていたそうです。
引湯管引湯木管
毎朝始発前の6時40分~50分頃、黒部峡谷鉄道の安全確認のため、パトロール車両が尾の沼公園の対岸を通過します。
この車両は通常のトロッコ電車より少し小さめの特殊車両で二両しかないそうです。
まるで「オモチャのよう」でとてもかわいかったです。
トロッコ電車 パトロール車両  トロッコ電車

尾の沼公園の朝日です。山がず~と奥まで重なりあって、深い谷であることが分かります。
黒部渓谷トロッコ電車はこの黒部川を遡っていきます。
尾の沼の朝日  案内版
  
今は使われなくなった旧軌道トンネルです。
軌道は外されてありませんが、実際にトロッコ電車が走っていたところを歩くことが出来ます。
旧軌道トンネルトンネルの側窓から見る新山彦橋
ここはトロッコ電車が宇奈月駅を出てすぐに渡る真っ赤な新山彦橋の側にあり、絶好の撮影ポイントですが、あいにくペンキの塗り替え工事中で緑のシートに覆われていました。
オーナーの話では、おそらく昭和63年に完成して初めての塗り替えだそうで、期間限定だよと言われてなぐさめてもらいました。(残念)

旧軌道トンネルの入口と中の風景です。
ちょっとレトロに撮ってみました。
トンネル入り口  トンネル内の風景
このトンネルにくっつくように小さな冬季歩道があり、冬の通勤路になっているそうです。
宇奈月~欅平まで20.1㎞ありますが、トロッコ電車が運休する冬の間、ダムの関係者は約6時間かけて歩いていくそうです。(ご苦労様です。)

いよいよ明日は黒部渓谷トロッコ電車を紹介します。
乞うご期待!
  1. 2010/09/25(土) 12:12:09|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山黒部アルペンルート5(美女平~宇奈月温泉)

標高977mの美女平周辺は「森林浴の森」日本100選に選ばれた森で、立山杉の巨木やブナ、トチなどの原生林が広がる自然豊かなところです。本当に緑が多く、空気も澄んでとても気持ちよかったです。
バスと見比べてください。駅前にも見上げるような大きな美女杉が生えていました。
美女杉    美女杉

また、すぐそばの美女平探勝歩道入口ではサルの親子が毛づくろいをしていました。
冬を前に毛艶がよく丸々と太り、とてもかわいかったです♪
ところで親ざるのしぐさ、何に見えますか。
今何時かな...、そんな訳ないか。
美女平探勝歩道入口  サルの親子

美女平駅から立山駅へ向かう立山ケーブルカーです。
平均勾配24度、最高29度の急勾配で、窓から変化に富んだ景色が楽しめます。
高低差約500m、1.3㎞の距離を約7分で降りていきます。結構早いです。
立山ケーブルカー 美女平駅  立山ケーブルカー 
ケーブルカーの駅は斜めになっていて結構急です。
よく見ると、ケーブルカーも斜めに作ってあるのがよく分かります。

また、ケーブルカーの前部には荷物を運ぶための貨車がついていて、毎日荷物を運んでいるそうです。
立山ケーブルカー    材木石
途中にあった材木石(柱状岩)です。なんでも地質学的に価値があるそうです。

いつも前ばかりを見ていますが、たまには後ろの景色もいいものですね。
なぜか新鮮に見えます。
立山ケーブルカー    立山ケーブルカートンネル

あっという間に立山駅へ到着です。
ここでは扇沢でお別れしたツアーバスに出迎えられ、宇奈月温泉へ移動です。
さすがにホテルに着いたときは真っ暗でした。
立山駅前 宇奈月駅
今日はここ宇奈月温泉で泊まりです。

明日はいよいよ黒部渓谷トロッコ列車に乗ります。
  1. 2010/09/24(金) 21:58:09|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山黒部アルペンルート4(室堂~美女平)

今日は秋分の日、あいにくの天気となりましたが、皆さんどうされていますか。
引き続き、室堂から美女平まで紹介します。

標高2,450mの室堂周辺はミクリガ池や地獄谷のほか雄山や浄土山など雄大な山々が見渡せるところですが、あいにくガスが立ち込め立山三山を見ることができませんでした。(残念)
立山トンネルを出てすぐ前にある立山玉殿の湧水は霊峰立山に降り積もった清らかな雪が太古の地層で浄化され、清冽な山の恵みとなった名水で、日本名水100選にも選ばれています。とても冷たくまろやかでした♪
立山玉殿の湧水 ホテル立山

夏の高山を彩った植物も茶色く枯れ、秋の気配が漂っていました。
立山室堂山荘方面とミクリガ池です。残念ながらガスって眺望がよくありませんでした。
立山室堂山荘方面 ミクリガ池

トレッキングに出かける人達と室堂平周辺の景色です。
皆さん、しっかりとした装備で、どこまで行かれるのでしょうか?
トレッキングに出発する人達 室堂平周辺の景色

室堂から美女平へは高原バスを使って約50分23㎞の移動です。
電気とディーゼルエンジンで走るハイブリッドバスで、環境にやさしいバスを使用しています。
高原バス美女平

明日は美女平から立山駅を紹介します。
まだまだ続きます。
  1. 2010/09/23(木) 12:30:46|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山黒部アルペンルート3(黒部平~室堂)

今日は中秋の名月で、丸いお月様がよく見えています。
皆さまの地方ではいかがですか。
中秋の名月

それでは、立山黒部アルペンルートの続きを紹介します。

トンネルを抜けると標高1,828mの黒部平です。
あいにく雲が多く高い山の頂は雲で隠れていましたが緑が鮮やかで、とても広々とした気分になれました。
黒部平 黒部平周辺の山並み
 
ここから立山に向かって立山ロープウェイが伸びています。
全長1.7㎞ありますが、景観保護のため支柱が1本もありません。(びっくり、どうやってロープを支えているのでしょうか)
立山ロープウェイ 立山ケーブルカー

ナナカマドの実が赤く色づいていました。
ほんと、もう秋といった感じです。
ナナカマドの実 ナナカマド

大観峰から見た岩山です。
晴れていれば、黒部湖越しに北アルプスの山々が見えるところですが、見えなくて残念です。
パノラマ写真で我慢してください。
大観峰周辺の岩山 大観峰のパノラマ図

大観峰の売店ではかわいいふくろうの壁掛けや瓢箪の絵付けの置物を売っていました。
実に凝った作品で、大勢の芸能人も立ち寄っているようです。
ふくろうの壁掛け 瓢箪の絵付けの置物

ここから立山トンネルトロリーバスに乗り換えて室堂まで3.7㎞を約10分かけて移動です。
室堂駅 立山トンネルトロリーバス

明日は室堂から美女平を紹介します。
  1. 2010/09/22(水) 20:18:16|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山黒部アルペンルート2(黒部ダム~黒部平)

本日の行程の一番の見どころの黒部ダムです。
世紀の大事業として語り継がれる日本最大のアーチ式ドーム越流型の黒部ダムは高さ186mで、約2億㎥の貯水量を誇っています。
今まで写真でよく見る放水でタービンを回し発電していると思っていましたが、発電は黒部ダムの下流10㎞の地下で行っているそうです。(知りませんでした)
黒部ダム 黒部ダム
今年は6月26日から10月15日まで観光放水が実施され、毎秒10t以上の水が水しぶきをあげてもの凄い迫力でした。

黒部ダムレストハウスです。中ではお土産ものや軽食、黒部氷筍水仕込みのビール等を売っていました。
黒部ダムレストハウス 氷筍物語

黒部ダムの中心点です。
真下にダイナミックな放水が見られます。
高さは何と186m、見下ろすと思わず足がすくみます。
黒部ダム 放水 黒部ダム中心点

堰堤を歩いて対岸に渡り、黒部ケーブルカー乗り場の黒部湖駅へ向かいます。
トンネル入り口の温度計は16℃、湿度80%でひんやりとしてとても気持ちよかったです。
黒部湖駅 温度計

それにしても黒部ダムの周りは急峻な山に囲まれ、幾く筋もの沢があちこちに見られました。
黒部ケーブルカーは黒部湖から黒部平を結ぶケーブルでトンネル内を移動します。
黒部ダム周辺の沢 黒部ケーブルカー

明日は黒部平から室堂を紹介します。
  1. 2010/09/21(火) 20:11:13|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立山黒部アルペンルート1(扇沢~黒部ダム)

この3連休の土日を利用して、秋の立山黒部観光に行ってきました。

立山黒部アルペンルート
1日目は長野新幹線で東京から上田駅まで行き、バスに乗換え、扇沢-黒部ダム-黒部湖-黒部平-大観峰-室堂-美女平-立山駅-宇奈月温泉泊の行程です。

最初に着いた上田駅では日曜17時からテレビ放送している「戦国BASARA弐」というアニメの武将の一人である真田幸村と、映画「サマーウォーズ」の垂れ幕が出迎えてくれました。
信州上田は、戦国BASARA弐やサマーウォーズの舞台となっており、綺麗な景色が残っているところです。
戦国BASARA サマーウォーズ

上田駅から扇沢まではツアーバスで移動後、人はアルペンルートを通って黒部ダムや立山周辺を観光し、バスは先回りし立山駅で再び合流するコースとなっています。
ツアーバス 路線バス
信濃大町を利用したときは右側の路線バスを使って扇沢まで移動します。

いよいよ長野県側のアルペンルートの出発点扇沢に到着です。
ここでトロリーバスに乗換えて黒部ダムまで行きます。
紅葉には少し早かったですが、標高1,433mの扇沢周辺の空気はひんやりしてとても気持ちよかったです。
ここには関西電力の名物社員の方がいて、出発前の待ち時間を笑いを誘いながら、トロリーバスのチョロQ(900円)を売って楽しませてくれました。
さすが関西圏だけあって笑いを取るのがうまく、大勢の人が買っていました。
何と年間1万4000個も売れるそうです。(脱帽)
また、よく駅長さんに間違えられるそうで、胸のネームプレートにはわざわざ平社員と書いていますと言って、笑いを誘っていました。

ほどなく、バスの乗り込み時間になりいよいよ出発です。
関電トロリーバス 関電トロリーバス車内

トロリーバスは正式名称を無軌条電車といい、パンタグラフから電力を取り込むバスで何と電車の仲間だそうです。(知らなかった~)
もちろん排気ガスがでなくて環境にやさしいバスです。
でも1台1億円もするそうです。(びっくり)

暗いトンネルの中を結構なスピードで走っていき、6.1㎞の道のりを約16分で走り抜け、黒部ダムに到着です。
220段の階段を登りきったところにダム展望台があり、眼下に黒部ダムが一望できます。

続きはまた明日...

  1. 2010/09/20(月) 16:49:04|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イチジクとゴマダラカミキリ

以前紹介したイチジクですが、少し熟れ過ぎてゴマダラカミキリと蟻の餌食になっています。

イチジク

葉っぱもぼろぼろ、実もぐちゃぐちゃの状態です。

ゴマダラカミキリ

犯人はこのゴマダラカミキリ。むしゃむしゃと葉っぱをかじっています。
気をつけないとイチジクの幹を食べられ、枯れてしまうのでさっそく捕まえました。
お~、怖かった。

【gremz】-カーボンオフセット-
  1. 2010/09/18(土) 20:57:37|
  2. 樹木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕焼け空

このところ雨続きでしたが、今日はきれいな夕焼け空がみえました。

夕焼け空

もうすっかり秋の空ですね♪

夕焼け空

明日も晴れるかな!

【gremz】-酸性雨-
  1. 2010/09/17(金) 21:57:31|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

グリムス 大人の樹

グリムスの樹が大人の樹へ成長しました♪
前回は瓢箪みたいな形でしたが、2本目は矢印↑の様な樹になりました(笑)

大人の樹   大人の樹

今回は78日かかりました。
今年中にはもう一本いけるかな?
次回はどんな樹になるか楽しみです。
  1. 2010/09/16(木) 21:12:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飛竜の滝 番外編

箱根といえば、そう芦ノ湖ですよね!
そして富士山。
残念ながら、この日はあいにくの曇り空で、富士山を真近に見ることが出来ませんでした。
調度、湖畔に遊覧船が帰ってくるところで、ボートに引かれたスワン号が早く行けと警笛を鳴らされていました。

スワン号と遊覧船

海賊船ロワイヤル号、17世紀のフランスの帆船「ソレイユ・ロワイヤル号」(太陽王)をモデルにしたそうで、二層回廊や展望台がありカッコイイですね。

海賊船

昭和62年3月就航、定員650名

【gremz】-リサイクル-
  1. 2010/09/15(水) 20:58:18|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛竜の滝 おまけ

飛竜の滝へ行く山道で出会った風景を紹介します。

まず最初は木漏れ日の射す沢です。
畑宿から山道を登り始めて比較的すぐのところですが、いい感じで沢に朝日が差し込んでいます。
なかなか幻想的でした。

木漏れ日の射す沢

お次は風化した岩肌が面白い岩盤です。
良く見ると、こんな岩だらけのところにも木々が生えています。
ほんと木々の生命力って凄いですね!

岩盤

観瀑台へ続く山道の脇にあった大木です。
存在感たっぷりのとても大きな木でした。

大木

最後はすすき。
もう箱根は秋ですね...
赤とんぼが飛んでいました。

すすき

早く涼しくならないかな♪
  1. 2010/09/14(火) 21:41:41|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飛竜の滝(撮影編)

今日は、滝の撮り方について少し書いてみようと思います。
シャッタースピードや絞りを弄れないコンデジ(コンパクトデジカメ)の方、すいません。。。

下の二枚の写真は、同じ構図で撮った写真です。
本当は二枚横並びにして比べた方が分かりやすいのですが、写真の大きさ上、上下になってしまっています。。。
同じ構図といっても全く雰囲気が違いますよね。
一枚目の写真はシャッタースピードを速くして、水の動きを止めて撮った写真です。

シャッター&絞り優先 Tv(シャッター速度)1/250秒 Av(絞り数値) F5.6 ISO 100 
高速シャッター

二枚目の写真は、スローシャッターにして、水の流れを表現しています。
シャッター&絞り優先 Tv(シャッター速度)1/2秒 Av(絞り数値) F19 ISO 100
スローシャッター

ダイナミックに撮るなら、一枚目の写真。
繊細かつ優雅に撮るなら、二枚目の写真。
皆さんはどちらの写真が好みですか??

最後に滝撮影に必要なもの(一般的に)を書きますね♪
・三脚
滝のある場所は、大概、光があまり入らず暗い場所が多いので、シャッタースピードが遅くなりがちです。
手持ち撮影では手ぶれが起きやすいので、三脚は必須です。

・NDフィルター
減光(Neutral Density )フィルターは、レンズに入る光の量を減少させるフィルターです。
これを使うことで撮影の際の絞りを開いたり、シャッタースピードを下げることが可能になります。
通常1/30秒程度が限界の低速シャッターだったものが1秒まで長いシャッターを切ったりできるようになり、滑らかな滝のラインを表現することができます。
NDフィルターの中には大きな照度差がある被写体を撮影する目的で中央部だけND効果が得られたり、画面片側半分だけ減光効果が得られるものがあります。用途によって使い分けてくださいね。
必要なものと書いておいてなんですが、今回はNDフィルターは用いませんでした。
NDフィルター

・PLフィルター
偏光(Polarized Light )フィルターは、光の表面反射を除去するフィルターです。
2枚のフィルターが重なり合う構造になっており、2枚のうち1枚を回転させながら効果を確認して使用します。
水や、岩、葉などの照り返し、眩しさを抑え、色鮮やかに撮影できます。
PLフィルターを使用すると1~2段分シャッター速度が遅くなり、手ブレしやすくなります。
PLフィルター

あっ、もちろんカメラは必須ですよ~(笑)
  1. 2010/09/13(月) 14:39:47|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飛竜の滝 その2

おっと、ここはどこ?
思わず足元を見ると、サワガニが驚いて逃げていくところでした。
てっきり沢の近くの水辺にいるものと思っていましたが、山道のど真ん中、普段はどこにいるのでしょうか?
真ん丸いお目めに小さなはさみ、とてもきれいな色をしていました♪
かわいかったですよ!
サワガニ

少し行くと小さな沢があり、畑宿から1.1㎞、飛竜の滝まで0.5㎞の道標がたっていました。
道標残り500m

近くにはきれいな斑の入ったカンアオイも数株ですがありました。
まるでシクラメンの葉っぱのように、きれいな模様が入っていました。
カンアオイ

水の流れる音がとても心地よかったです。
ねっ、素敵でしょ♪
渓流

道標は残り500mの案内でしたが、途中石がごろごろした山道や階段状のところがあり、滝までたっぷり30分かかりました。
お~、疲れた。
滝のそばには案内版が立っていました。
詳しい説明は下を読んで下さいね♪
案内板

いよいよお待ちかね、飛流の滝の登場です。
どうです、立派な滝でしょ。
えっ、しょぼい、そんなことはないでしょ!
数日前の台風の雨の影響で水量が多く、マイナスイオンをたっぷり浴びることができました。
飛竜の滝

とてもきれいな滝でしたよ。
観瀑台は思った以上に狭く、数人でいっぱいになるような場所でした。
今日はすれ違う人もなく、ゆっくり滝を撮ることができました。
飛竜の滝

滝の中段のアップです。
繊細な感じがうまく伝わってくれると嬉しいのですが...
飛竜の滝

明日は少し滝の撮影について書いてみたいと思います。
  1. 2010/09/12(日) 15:53:06|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

飛竜の滝 その1

今日は少し早起きをして、箱根へ滝を見に行ってきました。
この滝は寄木細工で有名な畑宿から自然探勝道を40分程歩いたところにあります。

入口は畑宿寄木会館すぐ脇で、畑宿から芦之湯へ抜ける間道を登っていきます。

畑宿寄木会館 駐車場

途中、夫婦桜と呼ばれる連理の桜がありました。

畑宿連理の桜

向かって右側の桜は、2本のヤマザクラが一本となったもので、根元と幹の2箇所でつながる「連理」を持つ非常に珍しいものだそうです。
看板には、ここでいう「連理」とは木の幹や枝が他の木の幹や枝と連なっているもので夫婦の深く睦ましい様子に例えられ大変縁起が良いと書いてありました。
写真では、良く分かりませんね(汗)

道端には、山あじさいが咲いていました♪
まだ、つぼみもありましたよ。
山あじさい

ここまで歩き始めて10分で、飛竜の滝まで30分という案内がありました。
これなら楽勝かな?
道標

歩いていると、落ち葉と同系色をしたカエルさんが出てきました。
カエル

続きはまた明日…
  1. 2010/09/11(土) 16:19:57|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヤマトシジミ

以前紹介したシジミチョウですが、どうもヤマトシジミだったようです。

ヤマトシジミ

頑張って翅の表を撮ったので、紹介しますね。

ちょとピントが合っていませんが、ヤマトシジミの雄です。
翅の周りに黒い縁取りがあります。

ヤマトシジミ雄

こちらは雌です。黒い縁取りがなく灰色一色です。

ヤマトシジミ雌

蝶ちょは動きが早いので写真に撮るのは難しいですね♪
  1. 2010/09/10(金) 21:28:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

イチモンジセセリ

今日は台風一過のおかげで、ぐっと気温が下がり涼しくなりました。
ランタナの蜜を吸うイチモンジセセリです。

ランタナとイチモンジセセリ

ランタナの枝が伸び放題になったのでばっさり切ったところ、最近写真の花にイチモンジセセリだけでなく、ヤマトシジミ(kyoroさんありがとう 今度表の写真を撮って確認してみます)がよく遊びに来てくれるようになりました。

イチモンジセセリ

何の花か分かりませんが、特にシジミチョウがよく蜜を吸いに来ています。

イチモンジセセリ
  1. 2010/09/09(木) 21:23:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

ヤクシマルリシジミ

たぶんヤクシマルリシジミだと思うのですが...
間違っていたらごめんなさい。誰か教えてくださいね♪

ヤクシマルリシジミ

このところ、ツマグロヒョウモンに代わって、このヤクシマルリシジミをよく見かけるようになりました。
オレンジ色をしたベニシジミも見かけますが、なぜかこの地味なヤクシマルリシジミが多いようです。
花によって集まってくる蝶の種類も違うのかな?
今日の台風の風と雨でどうしたかな。
  1. 2010/09/08(水) 20:40:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

百日紅(サルスベリ)

公園で見かけたサルスベリで、かなりの大木になっています。

サルスベリ

この暑い夏の間も、頑張って咲き続けていました。

サルスベリ

ほんとタフですよね。
まだまだ日中は暑くてへとへとです。
早く涼しくならないかな~
  1. 2010/09/07(火) 21:09:56|
  2. 樹木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

富士山

ほんと毎日暑い日が続きますね

一応晴れてはいてもなんだか霞んだようになってよく見えなかった富士山ですが、日が落ちて暗くなり始めた頃からきれいに見えるようになりました。

富士山と湘南海岸

暴風柵の周りに人垣が出来ています。
皆な何を見ているのかな...
早く帰らないと暗くなっちゃうぞ~

134号線と富士山

海岸沿いの134号線と富士山です。
長かった日もあっという間に落ちるようになりました。
もう直ぐ秋ですね♪
  1. 2010/09/06(月) 21:05:33|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

踊場 二番花続く

ほんと毎日暑い日が続きますが、セミの鳴き声が心なしか小さくなってきました。
踊場の2番花ですが、さすが生育旺盛な踊場だけあって花期も長く楽しませてもらっています。

踊場

ピンク色が薄くどことなく頼りない感じのする踊場ですが、なんのなんの丈夫で蔓をよく伸ばし、頑張って咲いてくれています。

踊場

見ているだけで、暑さを吹き飛ばしてくれます。
  1. 2010/09/05(日) 18:59:06|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘンダーソニー 3番花

ヘンダーソニーの3番花が咲きだしました。
爽やかな色合いがとても素敵です。
やはり3番花だけあって花は小さめですが、いっぱい蕾が上がっています。
ヘンダーソニー

今年の夏は異常で、四季咲きのクレマチスは、二番花をあまり見せてくれず、貴重です。。。
ヘンダーソニー
  1. 2010/09/04(土) 22:00:11|
  2. クレマチス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤブラン

紫色の小さな花が房状に咲くユリ科のヤブランです。

ヤブラン

サマームスカリの別名を持つヤブランは常緑の多年草でよく樹木の下の藪で見かけます。

ヤブラン

斑入りの葉がとても涼しげで、花は朝夕涼しくなるのを待ちかねたように咲きます。
とても丈夫ですよ♪
  1. 2010/09/03(金) 22:29:04|
  2. 草花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒビスクス アーノッティアヌス

ハイビスカスの原種のヒビスクス アーノッティアヌスです。
オアフ島原産の白く細長い五弁花で、花の中央部に赤くて長い花柱があります。

アーノッティアヌス

ハイビスカスの交配親になった品種で、芳香があり多花性です。
原種だけあって、どことなく素朴で清楚な感じがします。
  1. 2010/09/02(木) 22:12:35|
  2. 樹木
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツマグロヒョウモンとランタナ

ランタナの蜜を吸うツマグロヒョウモンのオスです。

ツマグロヒョウモン オス

羽がだいぶ痛んでいますが、過ぎ行く夏を惜しむようにせっせとランタナの蜜を吸っています。

ツマグロヒョウモン オス

ところでメスは前ばねの端が黒くなっています。
今度写真が撮れたら紹介しますね♪
  1. 2010/09/01(水) 21:04:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
洋ランを始めて早くも33年目に突入。最近はクリスマスローズやクレマチス、ホスタにはまっています。素敵なEnglish Gardenに憧れています。気軽にコメントを残してもらえたら嬉しいです♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (69)
草花 (570)
クリスマスローズ (247)
クレマチス (195)
ホスタ (11)
洋ラン(リカステ) (9)
洋ラン(その他) (340)
樹木 (222)
マロン (2)
蝶 (39)
風景 (885)
野鳥 (85)
バラ (60)
昆虫 (27)
船 (30)

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンクリスト

時計

出会い出会い出会い出会い系サイトホームページ制作 千葉浮気調査キャッシングカードローン消費者金融事故車 査定ブログパーツ

エコな木

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター